1. トップページ
  2. オイル美容液のマッサージ効果は摩擦低減でしかない

オイル美容液のマッサージ効果は摩擦低減でしかない

顔をマッサージする際にオイル美容液を使う人がいます。

しっとりしてオイルの美容効果が出そうですが、実際はデメリットのほうが多いので注意。

どんなデメリットかというと、角質層の細胞間脂質構造を壊してしまい、乾燥とバリア機能低下を引き起こしかねないからです。

角質層にセラミドが中心となった細胞間脂質が、水分と油分の層を何重にもして維持しています。

これがしっかりしているほど透明感が出て肌荒れもしなくなります。いわゆる水分量が高い肌状態です。

ただ細胞間脂質なんで油なんですよね。

油に対してくっつきやすいのは油。だからオイル美容液でマッサージすると、細胞間脂質の油に溶け込んで緩んでしまいます。

多少は構いません。先行乳液のスキンケアで肌が柔らかくなる効果はこれです。別に大きな問題にはなりません。

ですが、マッサージは圧力と摩擦が加わります。

この圧力と摩擦だけでも細胞間脂質が壊れることがあります。だから洗顔のときも泡で優しく言われます。

洗顔の際は界面活性剤が影響しながらです。界面活性剤は水と油を両方くっつける機能なので、まさしく細胞間脂質がやられるんです。

オイル美容液の場合は界面活性剤フリーか、入っていても僅かですし、非イオン界面活性剤なので基本的に刺激はありません。

ですが、マッサージの刺激とタッグを組むと余計に角質層の細胞間脂質に影響が出ます。

オイルマッサージの場合、どうしても丁寧に、また強めに長くやってしまいがち。

界面活性剤がなければ大きな影響にはなりませんが、顔の皮膚は薄くて細胞間脂質の構造も弱いです。そのため、顔のオイルマッサージはあまり褒められたものではありません。

仮にやるにしても、オイル美容液をなじませる程度のマッサージにしましょう。それ以上はただの自己満足でデメリットしかありません。

また、オイル美容液をたっぷり使うと、後で洗顔をしないといけません。

細胞間脂質が緩んでいる状態に界面活性剤が影響するため、普通に洗顔したときより多くのセラミドが流れます。

これを繰り返すと肌水分量が落ちてしまい余計に乾燥します。

決してオイル美容液の量が足りなかったとかではなく、ただ単に細胞間脂質の状態が悪化しただけです。このへんは注意していおいたほうがいいですね。